軽量コンパクトでF2.8通しの標準ズームレンズ「SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN | Contemporary」

軽量コンパクトでF2.8通しの標準ズームレンズ「SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN | Contemporary」

  • 12
  • 0

Xマウント待望の小型軽量ズームレンズ「SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN | Contemporary」を購入しました。35mm換算で27~75mmの画角をカバーし、大口径F2.8通しながら重量わずか285gという圧倒的軽さ・コンパクトさが魅力の標準ズームレンズです。

メリットを上げるとこんな感じです。
・軽量コンパクト:最大径61.6mm × 全長76.8mm、285g
・35mm換算27~75mmの標準域をカバー
・ズーム全域でF2.8通しで使える(明るくてボケを活かしtた撮影が楽しめる)
・AFが速くて静か:動画撮影にも最適
・被写体に寄れる:広角:12.1cm~望遠:30cm
・性能に対して価格が安い:約6万円

デメリットもありますが、ボディ内手ぶれ補正のあるX-S10と使えばそれほど気になりません。
・絞りリングがない
・レンズ内手ぶれ補正がない
・35mm換算27mmスタートの画角
・ズームリングの回転方向が純正(富士フイルム)とは反対
・コンパクトな単焦点レンズと比べると大きめ

詳しいレビューはこちら。
https://creatorclip.info/2023/01/sigma-18-50mm-f2-8-dc-dn-contemporary/

投稿者

とくめい