Nothing Phone (1)

Nothing Phone (1)

  • 12
  • 0

手元にあるAndroidスマホは2020年10月に買った「Google Pixel 5」のみですが、私がずっと以前から注目していた製品がついに発売されました。

それが今回レビューする「Nothing Phone (1)」というAndroidスマホです。

この製品の特徴はひと目でわかるとおり、何と言っても背面がスケルトンになっているということ。

中の機構が透けて見え、それだけでスケルトン好きの心をくすぐります。

さらにそこには“Glyphインターフェース”と呼ばれる、900個超のLEDによる光で通知をお知らせする機能を搭載。

これが機械的に発光することで近未来感やサイバーっぽさを演出してくれます。

OSにはAndroid 12をベースとしたNothing OSを搭載。

ディスプレイは6.55インチのOLEDで、解像度は2400 × 1080の大画面。

それでいて重さは200 g以下に抑えられているので、手首への負担が少なく日常使いできます。

価格はRAMやストレージ容量によって変わるものの、6~7万円前後とリーズナブルなのが嬉しい本製品。

▼ブログレビュー
https://gadgerba.com/nothing-phone-1/

投稿者

イツキ@ガジェットブロガー
イツキ@ガジェットブロガー