【アウトドア炊飯器・タケルくん】車で、ポータブル電源でご飯が炊ける!

【アウトドア炊飯器・タケルくん】車で、ポータブル電源でご飯が炊ける!

  • 26
  • 1

「物は人なり」

ご飯美味しいよね、卵でも納豆でもたくあんでも、何と食べても美味しい。
ちなみに好きなお米の品種は青森県の「まっしぐら」です。

車中泊旅行が趣味。
一番の悩みは食事です。外食ばかりになり、流石に飽きてくる。お金もかかるし。

たまには、旅先で買った漬物とご飯を食べたい。
あ!車でご飯を炊けばいいじゃないか!

そこで「アウトドア炊飯器・タケルくん」を買ったってわけだ。
この「アウトドア炊飯器・タケルくん」には製作秘話があります。
開発当時、取引先や販売店の反応は冷たかったそうです。
「そんなニーズないでしょ!」

実際には発売わずか三ヶ月で(年間販売目標1万台のところ)7,000台売れる結果に。
売れるか売れないかは別で、社長さんには「アウトドア炊飯器・タケルくん」を作る必然性がありました。

『2011年3月11日、東日本大震災発生。テレビには連日、津波で流され、放置された大量のクルマの山が映し出されていた。そして、家屋を失い、日々の食べ物にも事欠く被災者の姿も。そんな映像を見ていた社長が社員の前でこう呟いた。「津波で流されたクルマはもう走れないだろう。だが積んでいるバッテリーはまだ使えるかもしれない。車載用のバッテリーでご飯を炊いて食べられれば、被災された方はわずかでも気が休まるのではないだろうか・・・」』

「物は人なり」
会社のあるべき姿を見た気がします。
こんな素敵なストーリーを持った製品と旅をする楽しみ。

いろんな土地で美味しいお米を食べようじゃないかーーー

投稿者

mirimaru
mirimaru