Anker PowerHouse 200

Anker PowerHouse 200

  • 130
  • 3

わたしの大事な相棒「Anker PowerHouse 200」。
仕事のときも旅行のときもいつも一緒。

「Anker PowerHouse 200」はポータブル電源といって、モバイルバッテリーと同じように充電器です。

モバイルバッテリーとの違いは、ACコンセントが使える・容量が数倍多い・シガーソケットが使えるなどなど。
ま、最近ではACコンセントが使えるモバイルバッテリーも出てきて、境界線は曖昧だと思う。

で、この「Anker PowerHouse 200」の能力が、最高に輝くのが災害時です。
出番がないのが一番!なのですが、日本に住んでいる限り、地震や台風、大雨などに遭わずに過ごすことはできません。

容量的にはiphone11が17回くらい充電できます。
3〜4日はスマホが生きている状態を作れるので、Twitterで情報を得たり、助けを求めたりできますね。

もともとの容量は213Whということで、ポータブル電源の中では容量が少ない方ではあります。
しかし、充電方法が豊富なので電気を貯める箱としてとても優秀なの。

通常のACコンセントから充電、USB-Cでの充電、ソーラーパネルからの充電。
停電時もソーラーパネル(60W〜120W)があれば、何日でも生き延びられます(晴れてれば!)。
車がある方は、車のシガーソケットにUSB-C対応カーチャージャーを付ければ、ガソリンが続く限り充電ができます。

季節関わらず、何かしらの災害に見舞われています。
衣・食・住、さらに電気・情報が自分の身を助けてくれます。

商品はなんでもいいので一家に一台ポータブル電源を備蓄して欲しいな、と思い書きました。

投稿者

mirimaru
mirimaru